Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
スポンサーリンク

あなたの暮らしをより豊かにする為に・・・

Recommend
美ST(ビスト) 2018年 11月号 [雑誌]?
美ST(ビスト) 2018年 11月号 [雑誌]? (JUGEMレビュー »)

「P.227 ニッポンのばあば」にご紹介いただきました
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
祖父の新たに発見されたコレクション

JUGEMテーマ:ファッション

 

こんばんは、丸や呉服店です。

昨日の雷はすごかったですね。
みなさま、雨は大丈夫でしたか?

なかなか、ご報告ができなかったのですが、8月の初旬に京都に行ってきました。

 

昨年の終わり頃に、祖父がコレクションしていた裂布の箱が新たに出てきた・・・と報告を受け、時間をとってゆっくり見たかったので、この時期となりました。

 

今までに見てきた裂布は、昭和28年前後〜昭和35年頃までのもの。

 

内容は、西陣・十日町・桐生で特徴のある御召が中心となっており、その時代にどんな着物が作られ、お客様の手元に届いていたのかが、良くわかるようになっていました。

 

そして、今回、新たに発見された裂布は、明治時代・大正時代のものと、昭和35年以降のものでした。

 

明治時代の裂布は、矢代仁の御召が多く、矢代仁でもこの大きさでは残っていない貴重な布たち。

 

 

 

 

 

 

そして、昭和35年以降の裂布は、染めが中心で、その当時、どんな染めが流行っていたかが、よくわかるものでした。

 

御召から染めに流行が変わっていった時代・・・
その原因が、平成天皇のご結婚という事実。

 

ところどころに書かれた祖父の説明書きは、着物の歴史そのもの・・・

 

改めて、祖父の残してくれた偉大な財産に、ただただ頭が下がるだけでした。

 

そして、これだけの貴重な資料を残してくれた祖父に恥じぬよう、祖父の想いを受け継ぎ、次世代へどう繋げていけばよいか、祖父からの新たな宿題をこれから解いていきたいと決意を新たにしました。

 

 

2年後に向けて、コレクションの新たな復刻も始まります。

 

今ある技術を最大限に活かし、御召の技術を後世に残していきたいと思います。

 

復刻の様子は、少しずつ、このブログでご紹介して参りますので、楽しみにしていて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★夏のきものと帯 クリアランスセール★

 

 

★8月20日(月)〜31日(金)★

 

 

 

丸や呉服店店内で開催

全品30%〜50%OFF

 

夏休み8月11日(祝)〜19日(日)は、除く

 

 

 

 

 

 

★2018年のご案内★

 

 

★着付けレッスン★

 

 

 

●9月15日(土) 14時〜 月に一度の出張着付けレッスン(目黒・そま莉)

 

●9月16日(日) 11時半〜 月に一度の着付けレッスン(蒲田・スタジオエクラン)

 

 

 

 

丸やのホームページ では

イベントやワークショップの情報を掲載しています

 

 

 

フェイスブック では

着物や日々のお出かけについて掲載しています

 

 

 

posted by: kimono-maruya | 丸やの着物周り | 17:26 | comments(0) | - | - | - |









祖父の新たに発見されたコレクション | 着物に魅せられて@きもの丸や