Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
スポンサーリンク

あなたの暮らしをより豊かにする為に・・・

Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
着物タンスの整理のご依頼Vol.5

JUGEMテーマ:ファッション

 

こんばんは!丸や呉服店です!

今日は夏至・・・1年で一番明るい時間が長い日ですね!
とても得した気分で、嬉しいです!

4回に渡り、お話して参りました、「 着物タンスの整理のご依頼」

 

今日は、帯締めについてのお話です!

 

 

お母様やおばあさまから譲られた中には、きっと帯締めもおありかと思います。

 

 

 

 

帯締めは、着物を着る上で、とても重要なアクセントになります。

 

帯締め選びは、着物と帯のコーディネートをより美しく魅せるためには、とても大切です。

 

ということは、他の方からは、目に留まりやすいということです。

 

 

 

さて、ここで改めてお持ちの帯締めをご覧になって下さい。

 

どんな色が多いでしょうか?
どんな形が多いでしょうか?

 

そこから何がわかるのでしょうか・・・

 

 

最初に、譲られた帯締めの特徴をここであげてみますね。

 

 

まずは、色に特徴があります。

 

譲られた帯締めは、昭和40年代、50年代に多く使われていた色のものが、とても多いです。
その色は、なぜか、その時代に仕立てた袷の着物の八掛の色に似ています。

 

 

そして、形に特徴があります。

 

基本、その時代は、丸組が多くなっています。
細い帯締めもあるかもしれません。
薄い色は焼けていませんか???

 

 

古いからダメという話ではなく、

帯締めの特徴からわかることは、いまの時代とは流行っていた色・形が違う・・・ということです。

 

 

最初にお伝えしましたが、

帯締め選びは、着物と帯のコーディネートをより美しく魅せるためには、とても大切です。

 

帯締めの色を替えるだけで、着物と帯の印象が変わってきます。
どんな色の帯締めを持っているかをきちんと把握しておけば、イメージも沸いてきます。

 

どんな印象にしたいかを選ぶのはご自身。

 

イメージに迷われたら、ご相談下さいね!

 

 

 

◇◇満員御礼・古民家カフェ蓮月で落語会◇◇

 

おかげさまで満員御礼となりました

ありがとうございます。

 

 

昭和の建物が惜しげもなく壊される昨今、築90年(昭和 初期)の建物が解体寸前で建物の維持を願う人の想い により、息を吹き返しました。かつて蕎麦屋さんだったそ の建物、今は素敵な古民家カフェとして、訪れる方々の心 に郷愁と癒しを提供してくれています。最近ではドラマや 映画の撮影にも多数使われています。
“古さ”ではなく、“重ねられた時間”を感じながら、浴衣でご一緒しませんか?

 

 

 


————————– ————————– ——–

 

【日時】平成30年6月30日(土) 落語  17:00-18:00(開場 16: 30) 懇親会 18:00-19:30

【落語家】立川晴の輔 (http://www.harenosuke.com/
【会場】大田区池上・古民家カフェ蓮月(http://rengetsu.net/
東京都大田区池上2-20-11

【会費】8000円(税込 お料理+飲み物)

【定員】40名
【ドレスコード】浴衣または和文化を感じるモノを一点身に着ける

 


 

 

 

 

 

★2018年のご案内★

 

 

★着付けレッスン★

 

 

●6月23日(土) 14時〜 月に一度の出張着付けレッスン(目黒・そま莉)

 

●6月24日(日) 11時半〜 月に一度の着付けレッスン(蒲田・スタジオエクラン)

 

 

 

posted by: kimono-maruya | お客様のお声 | 18:40 | comments(0) | - | - | - |









着物タンスの整理のご依頼Vol.5 | 着物に魅せられて@きもの丸や