Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
スポンサーリンク

あなたの暮らしをより豊かにする為に・・・

Recommend
Recommend
カフカの「城」他三篇
カフカの「城」他三篇 (JUGEMレビュー »)
森泉 岳土
漱石の「こころ」より”先生と私”で着物姿のアドバイスをさせていただきました!
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
浴衣始めはそま莉から・・・ご参加ありがとうございました!
JUGEMテーマ:ファッション


今月は毎週のようにイベント目白押し・・・
先日は、目黒のそま莉で、「浴衣始め」の会を開きました〜

 
おかげさまで、今年もたくさんの方々に「墨流し浴衣作り」を体験していただきました!
 
昨年は、夏の終わりでの開催でしたが、今年は、夏の始まりに「墨流し浴衣自慢会」を兼ねて、「浴衣始め」を目黒の日本料理・そま莉で開催となりました!
 
みんなみんな、浴衣での参加・・・お天気にも恵まれ、とても楽しい会となりました!
 
みなさん、思い思いの浴衣・・・
 
帯との組み合わせもそれぞれの個性があって、見ているだけでウキウキしてきます!
 
それぞれの着姿は、みなさんのフェイスブックにてご紹介してくださいました〜
丸や呉服店


丸や呉服店


丸や呉服店


丸や呉服店


丸や呉服店


丸や呉服店
浴衣が似合うそま莉・・・みなさんの笑顔がまた素敵でした〜
 
来年も、墨流し浴衣作り・・・開催しますので、ぜひご参加下さい!


 
丸や呉服店




 
★七夕に出会う綴れ帯の世界
 
「綴れ織」という言葉を耳にしたことがありますか?

約四千年前のエジプトに生まれたコプト織が起源とされて います。その技法は奈良時代、大陸文化の渡来を機に、中 国から日本へ伝わってきました。綴れ織の技法は長い歴史 を持つだけでなく、古代から世界各地で用いられ、現在で も奈良法隆寺や正倉院、当麻寺に当時の遺品がいくつか残 されています。

一旦、技術が途絶えた「綴れ織」

現在につながる綴れ織は江戸時代の西陣から始まっていま す。このころの西陣は製作技術も中国をも凌ぐ勢いで、多 くの人から重宝される製品を多く作っていました。

しかし現在は、実際に見る機会の少ない帯のひとつとなっ ています。数ある帯の中でも、これから先、後継者不足等 によって、作ることができなくなってしまうかもしれない 「爪掻綴帯」をご覧いただきながら、「国産手織り」を貫 き、守りたいと全国を飛び回っている服部綴工房さんのお 話しとともに「綴れ帯」の数々をご紹介いたします。

日本が誇る伝統技術、「綴れ織」を学んでみませんか?

両日共に15時〜16時まで、「綴れ織」の勉強会をいた します!

皆様のご来場をお待ちしております。


■日時:2015年7月4日(土)・5日(日)14時〜 18時
■会場:目黒・そま莉




 
☆2015年イベント&WSのご案内

 
●7月4日(土)〜5日(日) 七夕に出会う綴れ帯の世界(目黒・そま莉) 
●7月11日(土) 15時〜 月に一度の出張着付けレッスン(目黒・そま莉)

●7月12日(日) 11時〜 月に一度の着付けレッスン(蒲田シェアスタジオエクラン)

●7月13日(月) 10時〜13時半 着付け&ヘアーアレンジセミナー(表参道AYOMOT)

●7月19日(日) 15時半〜 浴衣でクルージング
posted by: kimono-maruya | 着物の楽しみ方 | 17:15 | comments(0) | - | - | - |









浴衣始めはそま莉から・・・ご参加ありがとうございました! | 着物に魅せられて@きもの丸や